ホーム » 投稿 » 内分泌性肥満とクッシング症候群

内分泌性肥満とクッシング症候群

スポンサーリンク


「クッシング症候群」

 クッシング症候群では、副腎皮質ホルモンであるコルチゾールの過剰分泌が原因となって、手足の細い中心性肥満や、満月様顔貌、赤ら顔、にきび、高血圧、糖尿病などの症状をきたし、男性よりも女性に多い疾患である。
クッシング症候群の中でも、脳下垂体微小腺腫からの副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)過剰分泌によるものはクッシング病といい、血液中の副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)や副腎皮質ホルモン(コルチゾール)が高いことで診断することができる。
 クッシング症候群では、摂食促進物質に促進的に働き、摂食抑制物質に抑制的に作用するため食欲が増加することで、過剰にエネルギー摂取してしまうことから、肥満を発症することとなる。

スポンサーリンク


コメント

関連記事