34-72 たんぱく質とアミノ酸の代謝に関する記述である。


34-72 たんぱく質とアミノ酸の代謝に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

(1)過剰なたんぱく質の摂取は、アミノ酸の異化を抑制する。

(2)ロイシンは、体たんぱく質の合成を抑制する。

(3)インスリンは、体たんぱく質の合成を抑制する。

(4)絶食時には、体たんぱく質の合成が抑制される。

(5)アルブミンは、トランスサイレチンより代謝回転速度が速い。

解答・解説を見る
(1)過剰なたんぱく質は、グリコーゲンや脂肪酸に変換される。

(2)ロイシンは、体たんぱく質の合成を促進する。

ロイシンは、たんぱく質合成に関わる酵素複合体mTORを活性化し、たんぱく質合成を促す。

(3)インスリンは、体たんぱく質の合成を促進する。

インスリンの作用

①ブドウ糖が細胞の中に取り込まれるように働きかけ、血糖値を低下させる。
②ブドウ糖をグリコーゲンに変換し、肝臓や筋肉に蓄積させる。
③肝臓で蓄積できずに余ったブドウ糖を中性脂肪にし、脂肪細胞に取り込ませる。

(4)絶食時には、体たんぱく質の合成が抑制される。

(5)アルブミンの半減期は約15日、トランスサイレチンの半減期は約2日である。


問題・解説についてのお問い合わせ

コメント