29-32 経腸栄養が可能と考えられる病態である。


29-32 経腸栄養が可能と考えられる病態である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1)重症急性膵炎の発症直後
(2)クローン病の急性増悪期
(3)下顎骨腫瘍の術後
(4)潰瘍性大腸炎による下血直後
(5)敗血症による多臓器不全

解答・解説を見る

(1)重症急性膵炎の発症直後では、絶食とする。
 急性膵炎の発症直後は、経口摂取や飲水は禁止。膵臓の安静のため、中心静脈栄養法による栄養管理が主となる。
 回復がみられれば、徐々に経口摂取を開始する。

(2)クローン病の急性増悪期は、症状に応じて絶食、または完全静脈栄養、経腸栄養法などが用いられる。

(3)下顎骨腫瘍の術後では、経口摂取ができないが、腸管を使用することができれば経腸栄養が可能である。

(4)潰瘍性大腸炎による下血直後は絶食とし、症状に応じて静脈栄養も適応する。

(5)敗血症による多臓器不全では、絶食もしくは静脈栄養とする。
 多臓器不全では、臓器の機能の障害により消化管の消化吸収機能は完全ではないため、経腸栄養は適応されない。


問題・解説についてのお問い合わせ

コメント