行動変容ステージモデル(無関心期、関心期、準備期、実行期、維持期)とその例


 

行動変容ステージモデル

無関心期
(前熟考期)
行動を6か月以内に変えようと思っていない時期
関心期
(熟考期)
行動を変えたいと思っているだけの時期(何も実行していない)
準備期 行動を1か月以内に変えようと、準備をしている時期。
実行期 行動を変えてから、6か月以内の時期
維持期 行動を変えてから、6か月以上の時期

 

肥満患者を例とした場合

例えば、減量のための運動をはじめることを目標とする肥満患者の場合

無関心期(前熟考期) 体重を減らすことや、そのために運動をすることについて何も興味がない。または、運動をしたくないと思っている。

発言の例としては、「今のままで良いと思ってます。」、「運動をするのは嫌いです」など。

関心期(熟考期) なんとなく体重を減らさないといけないことを感じているが、そのために運動をするの大変だと思っているので気が進まない。

発言の例としては、「減量するとどういったメリットがありますか?」、「昔着ていた服が着れなくなって、すこし焦ってきました。運動ってどういうことをすればいいですか?」など。

準備期 行動を1か月以内に変えようと、準備をしている時期

発言の例としては、「運動用のスニーカーを購入しました。」、「歩数計を購入してみました」、「良い散歩のコースを見つけました。」など。

実行期 行動を変えてから、6か月以内の時期

発言の例としては、「先月から、歩いて通勤しています。(運動を始めました。)」など。

維持期 行動を変えてから、6か月以上の時期

発言の例としては、「もう運動をするようになってから、1年くらいは経ちますね」など。


問題・解説についてのお問い合わせ

関連記事一覧

コメント