甲状腺ホルモンのネガティブフィードバックについて


甲状腺ホルモンのネガティブフィードバック

血中の甲状腺ホルモン濃度が一定以上になると視床下部や脳下垂体前葉がそれを感知して、甲状腺刺激ホルモン放出ホルモンや甲状腺刺激ホルモンの分泌は低下する。これを、甲状腺ホルモンのネガティブフィードバックという。

この機構によって、血中の甲状腺ホルモンの濃度を一定に保っている。

 

甲状腺ホルモン分泌の流れ

視床下部

甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン(TRH)

脳下垂体前葉

甲状腺刺激ホルモン(TSH)

甲状腺

甲状腺ホルモン(T3,T4)

細胞

 


問題・解説についてのお問い合わせ

関連記事一覧

コメント