19-23 60歳男性、事務職、身長:165cm、体重:50kg、倦怠感のため外来を受診した。


19-23 60歳男性、事務職、身長:165cm、体重:50kg、倦怠感のため外来を受診した。

血中尿素窒素(BUN):30mg/dL、クレアチニン:1.5mg/dL、クレアチニンクリアランス(Ccr):40mL/分、血圧:160/98mmHg、であった。

目標とするエネルギー量の算出法として、正しいのはどれか。

(1)現体重kg当たり、20~25kcalとする。
(2)現体重kg当たり、30~35kcalとする。
(3)標準体重kg当たり、20~25kcalとする。
(4)標準体重kg当たり、30~35kcalとする。
(5)ハリス・ベネディクトの式を用いて算出する。

解答・解説を見る

BMIの評価

身長:165cm、体重:50㎏

BMI:18.36㎏/m² 

 

血液検査指標の評価

血中尿素窒素(BUN):30mg/dL 腎機能を評価する指標のひとつ。基準値8.0~20.0 mg/dL。腎機能低下では高値を示す。
クレアチニン:1.5mg/dL 腎機能低下により高値を示す。
クレアチニンクリアランス(Ccr):40mL/分 腎機能を評価する指標であり、腎機能の指標のGFR(糸球体濾過量)の近似指標となる。腎機能低下により、低下する。
血圧:160/98mmHg 140/90mmHg以上で高血圧と診断される。

上記より、慢性腎臓病(CKD)の栄養管理に基づき、目標とするエネルギー量を算出する。

 

(1)現体重kg当たり、20~25kcalとする。

(2)現体重kg当たり、30~35kcalとする。

(3)標準体重kg当たり、20~25kcalとする。

⇒不足リスク高い。BMI:18.36㎏/m²ということも考慮し、体重減少を防ぐため最低でも標準体重kg当たり25kcalは確保したい。

(4)標準体重kg当たり、30~35kcalとする。

(5)ハリス・ベネディクトの式を用いて算出する。

ハリス・ベネディクトの式は、基礎代謝量(BEE)を求める式である。
これに、活動係数やストレス係数を乗じることで必要なエネルギー量を求めることができる。

ハリス・ベネディクトの計算式

女性  655.1 + (9.563 * 体重kg) + (1.85 * 身長cm) – (4.676 * 年齢)
男性  66.5 + (13.75 * 体重kg) + (5.003 * 身長cm) – (6.775 * 年齢)

目標とするエネルギー量の算出法として、誤りである理由としては、
計算方法が複雑であること
個々の身体活動レベルや体格に応じた設定が難しいこと
③活動係数やストレス係数に関する科学的エビデンスが乏しいこと
などが挙げられる。


参考文献
日本腎臓病編:慢性腎臓病に対する食事療法基準2014年版


問題・解説についてのお問い合わせ

関連記事一覧

コメント