34-138 最近の国民健康・栄養調査結果に関する記述である。


スポンサーリンク


34-138 最近の国民健康・栄養調査結果に関する記述である。正しいのはどれか。 1 つ選べ。

(1)低栄養傾向(BMI 20 kg/m2 以下)の高齢者の割合は、男性より女性で高い。

(2)20 歳代の脂肪エネルギー比率の平均値は、女性より男性で高い。

(3)食塩摂取量の平均値は、20 歳以上の女性では 8 g 未満である。

(4)魚介類の摂取量は、50 歳以上より 49 歳以下で多い。

(5)野菜類の摂取量は、50 歳以上より 49 歳以下で多い。

解答・解説を見る
(1)65 歳以上の高齢者の低栄養傾向の者(BMI≦20 kg/m2)の割合は男性 10.3%女性 20.3%であり、この 10 年間でみると男女とも有意な増減はみられない。

(2)20歳代の脂肪エネルギー比率の平均値は女性は30.8%、男性は30.0%である。

(3)20歳以上の女性の食塩摂取量の平均は9.3gである。

(4)魚介類の摂取量は、50 歳以上より 49 歳以下で少ない

魚介類の摂取量は50歳以上からの高齢者に多い傾向にある。

(5)野菜類の摂取量は、50 歳以上より 49 歳以下で少ない

 画像:平成 30 年 国民健康・栄養調査結果の概要より引用


*平成 30 年 国民健康・栄養調査結果の概要,https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000584138.pdf


お問い合わせはこちら



コメント