27-164 社会調査法に関する記述である。


スポンサーリンク


27-164 社会調査法に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1) 統制観察は、結果を定量化して評価できない。
(2) 統制観察は、非統制観察よりも日常に近い条件下で調査できる。
(3) 自計調査は、口頭で質問し、口頭で回答を得る方法である。
(4) 自計調査は、他計調査よりも調査者によるバイアスがかかりやすい。
(5) 自計調査は、他計調査よりも記入もれが多い。

解答・解説を見る

(1) 統制観察は、結果を定量化して評価することができる。

(2) 非統制観察は、統制観察よりも日常に近い条件下で調査できる。

(3) 自計調査は、調査票に回答者が直接記入する方法。

(4) 他計調査は、自計調査よりも調査者によるバイアスがかかりやすい。

(5) 自計調査は、他計調査よりも記入もれが多い。


お問い合わせはこちら