ホーム » 投稿 » 35-68 遺伝形質に関する記述である。

35-68 遺伝形質に関する記述である。

スポンサーリンク


35-68 遺伝形質に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

⑴ 遺伝子多型は、遺伝子変異の発生頻度が集団の1 % 未満である。

⑵ 遺伝子多型は、食習慣の影響を受けて生じる。

⑶ 遺伝子多型の出現頻度は、人種による差異がない。

⑷ b3 アドレナリン受容体遺伝子の変異は、肥満のリスクを高める。

⑸ 倹約(節約)遺伝子は、積極的にエネルギーを消費するように変異した遺伝子である。

解答・解説を見る

解答4

⑴ 遺伝子多型は、遺伝子変異の発生頻度が集団の1 % 以上である。

⑵ 遺伝子多型は、遺伝の影響を受けて生じる。食生活の影響は受けない。

⑶ 遺伝子多型の出現頻度は、人種による差異がある。

⑷ b3 アドレナリン受容体遺伝子の変異は、肥満のリスクを高める。

⑸ 倹約(節約)遺伝子は、積極的にエネルギーを蓄積するように変異した遺伝子である。

スポンサーリンク


コメント