ホーム » 投稿 » 35-81 エネルギー代謝とその測定法に関する記述である。

35-81 エネルギー代謝とその測定法に関する記述である。

スポンサーリンク


35-81 エネルギー代謝とその測定法に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

⑴ 物理的燃焼値と生理的燃焼値の差は、たんぱく質より糖質が大きい。

⑵ 呼吸商は、消費された酸素量を排出された二酸化炭素量で除して求める。

⑶ 糖質のみが燃焼した時の呼吸商は、0.7 である。

⑷ 間接法は、身体から放散される熱量を測定する方法である。

⑸ 二重標識水法は、安定同位体を用いる方法である。

解答・解説を見る

解答(5)

⑴ 物理的燃焼値と生理的燃焼値の差は、たんぱく質より糖質が小さい

物理的燃焼値とは、栄養素1gを燃焼させた際に産生されるエネルギーのことである。
各栄養素の物理的燃焼値は、糖質は4.10kcal。脂質は9.45kcal。たんぱく質は5.65kcalである。

⑵ 呼吸商は、排出された二酸化炭素量を消費された酸素量で除して求める

⑶ 糖質のみが燃焼した時の呼吸商は、1.0である。

糖質のみが燃焼した時の呼吸商:1.0
脂肪のみが燃焼した時の呼吸商:0.7
たんぱく質のみが燃焼した時の呼吸商:0.8

⑷  直接法は、身体から放散される熱量を測定する方法である。

直接法では、測定室内に放散される被験者の熱を、室内に張りめぐらされた管を流れる水温の変化から測定する。

⑸ 二重標識水法は、安定同位体を用いる方法である。

補足

エネルギー代謝の測定法

①直接法
 24時間以上のエネルギー代謝量を正確に測定できる。
 発生熱量を、熱量計の周囲を循環する水の温度の上昇と、水の量によって求める水が吸収した熱量と被験者の体温の変化を考慮して算出する。

②間接法
 短時間の身体活動時のエネルギー代謝量を測定する方法。
 呼気分析による酸素消費量と二酸化炭素の排泄量から、糖質や脂質の燃焼量を、尿分析による尿中窒素量からたんぱく質の燃焼量を求め、エネルギー消費量を算出する。

 

スポンサーリンク


コメント

関連記事