ホーム » 投稿 » 35-74 脂質の代謝に関する記述である。

35-74 脂質の代謝に関する記述である。

スポンサーリンク


35-74 脂質の代謝に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

⑴ ホルモン感受性リパーゼの活性は、インスリンにより亢進する。

⑵ 脂肪細胞内のトリグリセリドは、主にリポたんぱく質リパーゼにより分解される。

⑶ 食後は、肝臓でケトン体の産生が促進する。

⑷ カイロミクロンは、小腸上皮細胞で合成される。

⑸ VLDL のトリグリセリド含有率は、カイロミクロンより高い。

解答・解説を見る

解答(4)

⑴ ホルモン感受性リパーゼの活性は、インスリンにより抑制される。

⑵ 脂肪細胞内のトリグリセリドは、主にホルモン感受性リパーゼにより分解される。

ホルモン感受性リパーゼは、中性脂肪をグリセロールと脂肪酸に分解し、血中の遊離脂肪酸濃度上昇に関与する酵素。
ホルモン感受性リパーゼの働きは、アドレナリン、グルカゴン、成長ホルモン、グルココルチコイド(糖質コルチコイド)などによって促進され、インスリンによって抑制される。

インスリンは、リポたんぱく質リパーゼの働きを促進する。

⑶ 食後は、肝臓でケトン体の産生が抑制される。

空腹時は、肝臓でケトン体の産生が促進する。

⑷ カイロミクロンは、小腸上皮細胞で合成される。

⑸ VLDL のトリグリセリド含有率は、カイロミクロンより低い

スポンサーリンク


コメント