ホーム » 投稿 » 35-73 摂取するたんぱく質の量と質に関する記述である。

35-73 摂取するたんぱく質の量と質に関する記述である。

スポンサーリンク


35-73 摂取するたんぱく質の量と質に関する記述である。

最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

⑴ 飢餓時には、窒素出納が正になる。

⑵ 過剰なたんぱく質の摂取は、アミノ酸の異化を亢進する。

⑶ たんぱく質効率(PER)は、生物価に消化吸収率を加味する。

⑷ アミノ酸価は、摂取エネルギー量に影響される。

⑸ 可欠アミノ酸は、体たんぱく質合成に利用されない。

解答・解説を見る

解答(2)

⑴ 飢餓時には、窒素出納がになる。

窒素の体内のバランスから、たんぱく質栄養状態を把握することができる。
摂取窒素量と排出窒素量の差を窒素出納という。
摂取窒素量が排出窒素量を上回ると窒素出納は正になり、摂取窒素量が排出窒素量を下回ると窒素出納は負になる。

⑵ 過剰なたんぱく質の摂取は、アミノ酸の異化を亢進する。

⑶ たんぱく質効率(PER)は、生物価に消化吸収率を加味しない。

消化吸収率を加味するのは正味タンパク利用率である。

⑷ アミノ酸価は、摂取エネルギー量に影響されない。

⑸ 可欠アミノ酸は、体たんぱく質合成に利用される。

スポンサーリンク


コメント