ホーム » 投稿 » 35-75 コレステロールに関する記述である。

35-75 コレステロールに関する記述である。

スポンサーリンク


35-75 コレステロールに関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

⑴ エストロゲンは、血中 LDL コレステロール値を上昇させる。

⑵ コレステロールの合成は、フィードバック阻害を受けない。

⑶ HDL は、レシチンコレステロールアシルトランスフェラーゼ(LCAT)の作用によりコレステロールを取り込む。

⑷ コレステロールは、ペプチドホルモンの前駆体である。

⑸ 胆汁酸は、胆嚢で産生される。

解答・解説を見る

 

解答(3)

⑴ エストロゲンは、血中 LDL コレステロール値を低下させる。

閉経後はエストロゲンの分泌が低下することから、LDLコレステロール値は上昇する。

★閉経後に分泌が低下するホルモン
 →卵胞ホルモン、エストロゲン
★閉経後に分泌が増加するホルモン
 →卵胞刺激ホルモン、黄体形成ホルモン

⑵ コレステロールの合成は、フィードバック阻害を受ける

コレステロール生合成の律速酵素は、HMG-CoA還元酵素であり、HMG-CoA還元酵素は、コレステロールによってフィードバック阻害をうける。

⑶ HDL は、レシチンコレステロールアシルトランスフェラーゼ(LCAT)の作用によりコレステロールを取り込む。

⑷ コレステロールは、副腎皮質ホルモンや性ホルモンなどのステロイドホルモンの前駆体である。

⑸ 胆汁酸は、肝臓で産生されて、濃縮されたのちに胆嚢に蓄積される。

 

スポンサーリンク


コメント