ホーム » 投稿 » 31-75 たんぱく質・アミノ酸の代謝に関する記述である。

31-75 たんぱく質・アミノ酸の代謝に関する記述である。

スポンサーリンク


31-75 たんぱく質・アミノ酸の代謝に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。
(1)トランスフェリンの半減期は、レチノール結合たんぱく質より短い。
(2)たんぱく質の平均半減期は、筋肉より肝臓で長い。
(3)アミノ酸の筋肉への取り込みは、インスリンにより抑制される。
(4)バリンは、ケト原性アミノ酸である。
(5)ロイシンは、筋たんぱく質の合成を促進する。

解答・解説を見る

(1)トランスフェリンの半減期は、レチノール結合たんぱく質より長い

 トランスフェリン:およそ9日間
 レチノール結合タンパク質:12時間

(2)たんぱく質の平均半減期は、筋肉より肝臓で短い

 筋肉:約180日
 肝臓:約20日

(3)アミノ酸の筋肉への取り込みは、インスリンにより促進される。

(4)バリンは、糖原生アミノ酸である。

(5)ロイシンは、筋たんぱく質の合成を促進する。

スポンサーリンク


関連記事