コンテンツへスキップ

31-81 ビタミンに関する記述である。

    スポンサーリンク


    31-81 ビタミンに関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

    (1) 脂溶性ビタミンの吸収に、胆汁酸は関与しない。
    (2) 脂溶性ビタミンには、腸内細菌が合成するものがある。
    (3) 食品中β-カロテンのビタミンAとしての生体利用率は、レチノールの1/6である。
    (4) ビタミンB2は、体内の飽和量を超えると、尿中への排泄量が低下する。
    (5) ビタミンB12の吸収に必要な内因子は、十二指腸上皮細胞から分泌される。

    解答・解説を見る

    (1) 脂溶性ビタミンの吸収に、胆汁酸が関与する。

     胆汁酸は、脂溶性ビタミンを乳化させることによって吸収を助けている。

    (2) 脂溶性ビタミンには、腸内細菌が合成するものがある。

     ビタミンKは、腸内細菌によって合成される。

    (3) 食品中β-カロテンのビタミンAとしての生体利用率は、レチノールの1/12である。

     ビタミンAの計算式として、「ビタミンA=レチノール(μg)+1/12×β-カロテン(μg)」がある。

    (4) ビタミンB2は、体内の飽和量を超えると、尿中への排泄量が増加する。

    (5) ビタミンB12の吸収に必要な内因子は、胃(胃壁細胞)から分泌される。

    ※当サイトの解説の転載、複製等は禁止いたします。
    スポンサーリンク


    コメント

    関連記事