31-70 栄養学の歴史に関する記述である。


スポンサーリンク

31-70 栄養学の歴史に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1)リービッヒ(Liebig)は、窒素定量法を確立した。
(2)マッカラム(McCollum)は、エネルギー換算係数を提唱した。
(3)フンク(Funk)は、ビタミンKを発見した。
(4)クレブス(Krebs)は、膵臓にリパーゼが存在することを発見した。
(5)鈴木梅太郎は、抗脚気因子を発見した。

解答・解説を見る

(1)窒素定量法及びケルダール法は、ヨハン・ケルダールによって確立された。

(2)アトウォーターは、エネルギー換算係数を提唱した。

(3)フンク(Funk)は、脚気の治療に有効な因子を見つけビタミンと命名した。

(4)クレブス(Krebs)は、TCAサイクルを発見した。

 ベルナール(Bernard)は、膵臓にリパーゼが存在することを発見した。

(5)鈴木梅太郎は、抗脚気因子を発見した。

問題・解説についてのお問い合わせ