30-73 アミノ酸の代謝に関する記述である。


スポンサーリンク

30-73 アミノ酸の代謝に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1)ロイシンは、糖新生の材料として利用される。
(2)トリプトファンは、葉酸に変換される。
(3)芳香族アミノ酸を代謝する組織は、主に筋肉である。
(4)分岐アミノ酸を代謝する組織は、主に小腸である。
(5)フィッシャー比に用いる血漿芳香族アミノ酸は、フェニルアラニンとチロシンである。

解答・解説を見る

(1) ロイシンは、ケト原性アミノ酸であるため、糖新生の材料には利用されない。
 ケト原生アミノさんとは、脂肪酸やケトン体に転換されうるアミノ酸である。
 糖新生の材料となるのは、糖原性アミノ酸である。

(2)トリプトファンは、セロトニンに変換される。

(3)芳香族アミノ酸を代謝する組織は、主に肝臓である。
 芳香族アミノ酸には、トリプトファン、フェニルアラニン、チロシンがある。

(4)分岐アミノ酸を代謝する組織は、主に筋肉である。
 分岐鎖アミノ酸には、バリン、ロイシン、イソロイシンがある。

(5)フィッシャー比に用いる血漿芳香族アミノ酸は、フェニルアラニンとチロシンである。

問題・解説についてのお問い合わせ

コメント