コンテンツへスキップ

31-76 たんぱく質の量と質の評価に関する記述である。

    スポンサーリンク


    31-76 たんぱく質の量と質の評価に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

    (1)コルチゾールの分泌が増加すると、窒素出納は正になる。
    (2)不可欠アミノ酸は、11種類である。
    (3)分岐アミノ酸は、不可欠アミノ酸である。
    (4)アミノ酸価は、食品中の可欠アミノ酸のバランスで決定される。
    (5)たんぱく質の生物価は、摂取窒素量に対する体内保留窒素量の割合を示す。

    解答・解説を見る

    (1)コルチゾールは、体タンパク質の分解を促進するホルモンであるため、窒素出納は負になると考えられる。

    (2)不可欠アミノ酸は、9種類である。

    (3)分岐アミノ酸は、不可欠アミノ酸である。

     分岐アミノ酸であるバリン、ロイシン、イソロイシンは、不可欠アミノ酸である。

    (4)アミノ酸価は、食品中の不可欠アミノ酸のバランスで決定される。

    (5)たんぱく質の生物価は、体内に吸収された窒素質量に対する体内保留窒素量の割合を示す。

     生物価=保留窒素量/吸収窒素量×100

    ※当サイトの解説の転載、複製等は禁止いたします。
    スポンサーリンク


    関連記事