スポンサーリンク

ホーム » 投稿 » 29-84 食後における脂質の臓器間輸送と体内代謝に関する記述である。

29-84 食後における脂質の臓器間輸送と体内代謝に関する記述である。

84 食後における脂質の臓器間輸送と体内代謝に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。
(1)肝臓において、トリアシルグリセロールの合成が亢進する。
(2)肝臓から、カイロミクロン(キロミクロン)が分泌される。
(3)肝臓において、ケトン体の生成が亢進する。
(4)筋肉において、エネルギー源としての遊離脂肪酸の利用が亢進する。
(5)脂肪組織において、遊離脂肪酸の放出が亢進する。

解答・解説を見る

(1)肝臓において、トリアシルグリセロールの合成が亢進する。

(2)小腸からカイロミクロン(キロミクロン)が分泌される。
 肝臓から分泌されるのは、VLDLやHDLなどである。

(3)食後, 脳ではケトン体の利用が減少し、ケトン体は絶食が続くと生成される。

(4)食後は血糖値が上昇し、エネルギー充足が高くなるため、エネルギー貯蓄をする反応が促進される。そのため、遊離脂肪酸の利用は亢進しない。

(5)脂肪組織において、遊離脂肪酸の放出は低下する。

下部のリストまたはタグをクリックすると、同じ年度・分野の問題を確認できます。

コメント