29-82 血糖の調節に関する記述である。


スポンサーリンク

29-82 血糖の調節に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1)筋肉グリコーゲンは、分解されて血中グルコースになる。
(2)脂肪酸は、グルコースの合成材料になる。
(3)乳酸は、グルコースの合成材料になる。
(4)グルカゴンは、血糖値を低下させる。
(5)インスリンは、血中グルコースの脂肪組織への取り込みを抑制する。

解答・解説を見る

(1)筋肉のグリコーゲンは、分解されて乳酸に代謝されますが、筋肉には、グルコース 6- ホスファターゼが存在しないので、筋肉からグルコースとして放出することができない。

 肝臓のグリコーゲンは、分解されて血中グルコースになる。

(2)脂肪酸はグルコースの合成材料にはならない。

 グルコースの合成材料になるのは、ピルビン酸、乳酸、アミノ酸、グリセロールである。

(3)乳酸は、グルコースの合成材料になる。

(4)グルカゴンは血糖値を上昇させ、インスリンは血糖値を低下させる。

 インスリンは血糖を低下させる唯一のホルモンである。

(5)インスリンは血中グルコースの脂肪組織への取り込みを促進する。

問題・解説についてのお問い合わせ

コメント