29-81 摂取するたんぱく質の量と質の評価に関する記述である。


スポンサーリンク


29-81 摂取するたんぱく質の量と質の評価に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1)無たんぱく質食摂取時にも、尿中へ窒素が排泄される。
(2)正味たんぱく質利用率は、吸収された窒素量のうち、体内に保留された割合である。
(3)アミノ酸価は、含有するアミノ酸総量で決められる。
(4)アミノ酸インバランスとは、制限アミノ酸の補充で栄養価を改善することである。
(5)窒素出納は、エネルギー摂取量の影響を受けない。

解答・解説を見る

(1)無たんぱく質食摂取時にも、尿中へ窒素が排泄される。

(2)正味タンパク質利用率とは、食事タンパク質の実質的な栄養価を示す。
 生物価とは、吸収された窒素量のうち、体内に保留された割合である。

(3)アミノ酸価は、タンパク質の各必須アミノ酸含量に対する試験たんぱく質の必須アミノ酸の含量の比率を%で表した時に最も低いもののこと。

(4)アミノ酸インバランスとは、低タンパク質食にある一種のアミノ酸を足しても、栄養価が低下してしまうことをいう。
 アミノ酸の補足効果とは、制限アミノ酸の補充で栄養価を改善することである。

(5)窒素出納はエネルギー摂取量の影響を受ける。
 窒素出納とは、体内におけるタンパク質の出入りを示したもので、正の窒素出納と、負の窒素出納がある。
 ・正の窒素出納 摂取した窒素>排出された窒素 体たんぱく質増加
 ・負の窒素出納 摂取した窒素<排出された窒素 体たんぱく質減少


お問い合わせはこちら



コメント