スポンサーリンク

ホーム » 投稿 » 28-83 食後の脂質代謝に関する記述である。

28-83 食後の脂質代謝に関する記述である。

28-83 食後の脂質代謝に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1) エネルギー源としての脂肪酸の利用が高まる。
(2) 脂肪組織から放出される脂肪酸量は増加する。
(3) リポたんぱく質リパーゼの活性が低下する。
(4) 血中のカイロミクロン(キロミクロン)が増加する。
(5) 肝臓からのVLDLの分泌が減少する。

解答・解説を見る

(1) エネルギー源としての脂肪酸の利用が低下する。

 エネルギー源としての脂肪酸の利用が高まるのは、空腹時である。

(2) 脂肪組織から放出される脂肪酸量は減少する。

 脂肪組織からの脂肪酸の放出が高まるのは、空腹時である。
 血中への脂肪酸の放出には、ホルモン感受性リパーゼが関与する。

(3) リポたんぱく質リパーゼの活性が促進する。

 リポタンパク質リパーゼは、リポタンパク質の脂肪を分解して、脂肪組織への脂肪の貯蔵を促す。

(4) 血中のカイロミクロン(キロミクロン)が増加する。

 キロミクロンは、小腸から食事由来の脂質を運搬する。

(5) 肝臓からのVLDLの分泌が増加する。

下部のリストまたはタグをクリックすると、同じ年度・分野の問題を確認できます。

コメント