28-82 糖質の栄養に関する記述である。


スポンサーリンク


28-82 糖質の栄養に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1) 空腹時には、グルコースからの脂肪酸合成が促進される。
(2) 空腹時には、アミノ酸からのグルコース合成が抑制される。
(3) 糖質摂取量の増加は、ビタミンB1必要量を減少させる。
(4) 筋肉グリコーゲンは、脳のエネルギー源として利用される。
(5) 急激な運動時には、グルコースから乳酸が生成される。

解答・解説を見る

(1) 空腹時には、グルコースからの脂肪酸合成が抑制される。

 グルコースからの脂肪酸合成が促進されるのは、食後である。

(2) 空腹時には、アミノ酸からのグルコース合成が促進される。

 アミノ酸からのグルコース合成は、いわゆる「糖新生」である。
 糖新生の材料には、乳酸、グリコーゲン、アミノ酸、ピルビン酸などがある。

(3) 糖質摂取量の増加は、ビタミンB1必要量を増加させる。

 ビタミンB1は、補酵素として糖質の代謝に必要なビタミンである。

(4) 肝グリコーゲンは、脳のエネルギー源として利用される。

 グリコーゲンは筋肉や肝臓に貯蔵されているが、筋グリコーゲンは脳のエネルギー源として利用できない。

(5) 急激な運動時には、グルコースから乳酸が生成される。


お問い合わせはこちら



コメント