28-76 栄養学の歴史に関する記述である。


スポンサーリンク


28-76 栄養学の歴史に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1) ルブネル(Rubner M)は、特異動的作用(食事誘発性熱産生)を発見した。
(2) クレブス(Krebs HA)は、呼吸が燃焼と同じ現象であることを明らかにした。
(3) ラボアジェ(Lavoisier AL)は、米ぬかの抗脚気因子をビタミンと命名した。
(4) フンク(Funk C)は、不可欠アミノ酸(必須アミノ酸)の概念を確立した。
(5) ローズ(Rose WC)は、クエン酸が酸化されてオキサロ酢酸になる回路を発見した。

解答・解説を見る


(1) ルブネル(Rubner M)は、特異動的作用(食事誘発性熱産生)を発見した。

(2) ラボアジェ(Lavoisier AL)は、呼吸が燃焼と同じ現象であることを明らかにした。

(3) フンク(Funk C)は、米ぬかの抗脚気因子をビタミンと命名した。

(4) ローズ(Rose WC)は、不可欠アミノ酸(必須アミノ酸)の概念を確立した。

(5) クレブス(Krebs HA)は、クエン酸が酸化されてオキサロ酢酸になる回路(クエン酸回路)を発見した。


お問い合わせはこちら



コメント