27-185 給食施設において予測される事故・事例とその防止対策の組合せである。


スポンサーリンク


27-185 給食施設において予測される事故・事例とその防止対策の組合せである。正しいのはどれか。lつ選べ。

(1) 配膳ミス—————–機器類の定期点検
(2) 異物混入—————-検便検査の実施
(3) 調理従事者の怪我——–毛髪ネットの着用
(4) ヒヤリ・ハット事例の再発—-調理業務の外部委託化
(5) 食中毒の発生————インシデントレポートの分析

解答・解説を見る
(1) 配膳ミスは、栄養士や調理師の配膳チェックによって防止する。

配膳ミスを防ぐためには、提供数を確認したり、食事の種類や器を確認する必要がある。

(2) 異物混入防止のためには、調理師は髪をしばる、アクセサリーを付けないなど衛生面の確保をする。

(3) 調理従事者の怪我の防止ためには、作業の方法や作業工程についての見直しをする。

(4) ヒヤリ・ハット事例の再発防止のためは、ヒヤリ・ハット事例の分析が必要である。

(5) 食中毒の発生————インシデントレポートの分析

インシデントレポートとは、インシデント及びアクシデントになる前に気づくことができた問題や、患者に提供する前に気づくことができた問題についてのレポートである。


お問い合わせはこちら