27-183 学校給食における食材料管理に関する記述である。


・カテゴリー:27-給食経営管理論 / ⑨給食経営管理論 / 第27回(2013, H25)

・タグ:


スポンサーリンク


27-183 学校給食における食材料管理に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1) 発注量の算出は、1人分の純使用量に食数を乗じて求める。
(2) 生鮮食材料の納期は、使用日の当日とする。
(3) 期間中の食材料費は、期間支払金額から在庫金額を差し引いて求める。
(4) 検収は、すべての食品の納品完了後に一括して行う。
(5) 生鮮魚介類の保管は、10℃以下を維持する。

解答・解説を見る
(1) 発注量の算出は、1人分の純使用量/可食部率×100×食数で求める。

(2) 生鮮食材料の納期は、使用日の当日とする。

(3) 期間中の食材料費は、前期在庫金額+期間支払金額-次期在庫金額で求める。

(4) 検収は、食品の納品され次第それぞれすばやく行う

(5) 生鮮魚介類の保管は、5℃以下を維持する。

スポンサーリンク