26-96 離乳の進め方に関する記述である。


スポンサーリンク

26-96 離乳の進め方に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。
(1) 哺乳反射による動きが活発になってきたら、離乳食を開始する。
(2) 離乳開始前に果汁を与えることが、栄養学的に推奨されている。
(3) 離乳食介助では、スプーンを乳児の口の奥に入れる。
(4) 離乳食を1日3回にするのは、生後9か月頃からである。
(5) 離乳の完了とは、乳汁を飲んでいない状態を意味する。


(1) 哺乳反射による動きが減弱してきたら、離乳食を開始する。
(2) 離乳開始前に果汁を与えることは、栄養学的に推奨されていない。
(3) 離乳食介助では、スプーンを乳児の口の奥に入れず、下の前方にのせるようにする。
〇(4) 離乳食を1日3回にするのは、生後9か月頃からである。
(5) 離乳の完了とは、形のある食物をかみつぶすことができるようになり、栄養素の大部分が母乳または育児用ミルク以外の食物からとれるようになった状態をいう。

問題・解説についてのお問い合わせ