26-122 栄養における診療報酬・介護報酬算定に関する記述である。

スポンサーリンク

26-122 栄養における診療報酬・介護報酬算定に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。
(1) 食道がん術後は、入院栄養食事指導の算定対象となる。
(2) 外来患者は、経口移行加算の対象となる。
(3) 在宅療養患者は、栄養管理実施加算の対象となる。
(4) 栄養サポートチーム加算は、毎日算定できる。
(5) 栄養マネジメント加算は、1週間に1回算定できる。


正しいのは(1) 食道がん術後は、入院栄養食事指導の算定対象となる。


(1) 食道がん術後は、入院栄養食事指導の算定対象となる。
(2) 外来患者は、経口移行加算の対象となる。⇒入所者は対象となるが、外来患者は対象とならない。
(3) 在宅療養患者は、栄養管理実施加算の対象となる。⇒栄養管理実施加算は入院患者が対象となる。
(4) 栄養サポートチーム加算は、1週間に1回算定できる。
(5) 栄養マネジメント加算は、毎日算定できる。(条件あり)


■経口移行加算
 経口移行加算は、医師の指示に基づき、医師、歯科医師、管理栄養士、看護師などが共同して、現に経管により食事を摂取している入所者ごとに経口移行計画を作成しており、医師の指示を受けた管理栄養士又は栄養士がその計画に従って経口による食事の摂取を進めるための栄養管理を行った場合、計画が作成された日から180日以内の期間に限り、1日につき28単位を加算する。
■栄養管理実施加算
栄養管理実施加算は、入院患者ごとに作成された栄養管理計画に基づき、医師や管理栄養士など関係職種が共同して患者の栄養状態等の栄養管理を行うことに対して加算するもの
■栄養マネジメント加算の条件
常勤の管理栄養士を1名以上配置
②入所者の栄養状態を施設入所時に把握し、医師、管理栄養士、歯科医師、看護師、介護支援専門員その他の職種の者が共同して、入所者ごとの摂食・嚥下機能及び食形態にも配慮した栄養ケア計画を作成している
③栄養ケア計画に従い栄養管理を行っているとともに、入所者の栄養状態を定期的に記録している
④栄養ケア計画の進捗状況を定期的に評価し、必要に応じて当該計画を見直している
厚生労働大臣が定める基準に適合する各指定介護施設である