28-105 ストレスの汎(全身)適応症候群に関する記述である。


スポンサーリンク


28-105 ストレスの汎(全身)適応症候群に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1) 警告反応期のショック相では、血糖値が上昇する。
(2) 警告反応期のショック相では、血圧が低下する。
(3) 警告反応期の反ショック相では、体温が低下する。
(4) 抵抗期では、新たなストレスが加わると抵抗力は強くなる。
(5) 疲はい期では、ストレスに対して生体が適応力を獲得している。

解答・解説を見る

(1) 警告反応期のショック相では、血糖値が低下する。

(2) 警告反応期のショック相では、血圧が低下する。

(3) 警告反応期の反ショック相では、体温が低下した状態から元に戻る

(4) 抵抗期では、新たなストレスが加わると抵抗力は弱くなる。

(5) 疲はい期では、ストレスに対して生体が適応力を失っている状態。


お問い合わせはこちら