24-81 脂質の体内輪送に関する記述である。


24-81 脂質の体内輪送に関する記述である。正しいものの組合せはどれか。

a カイロミクロン(キロミクロン)は、食事から吸収されたトリアシルグリセロールを輪送する。

b VLDLのトリアシルグリセロールは、そのままの形で脂肪細胞に取り込まれる。

c LDLは、肝外組織に遊離脂肪酸を輸送する。

d HDLは、肝外組織のコレステロールを肝臓へ輪送する。

(1) ab  (2) ac  (3) ad   (4) bc  (5) cd

解答・解説を見る

a カイロミクロン(キロミクロン)は、食事から吸収されたトリアシルグリセロールを輪送する。

b VLDLのトリアシルグリセロールは、そのままの形で脂肪細胞に取り込まれない。

VLDLのトリアシルグリセロールは、まず胆汁酸によって乳化される。
その後、膵リパーゼの作用を受けて加水分解され、グリセロールと脂肪酸となり吸収される。
吸収された後は、小腸の上皮細胞内で再びトリアシルグリセロールとなり、リポたんぱく質に組み込まれてリンパ管から胸管、肝臓、大循環へと運ばれる。

c LDLは、肝外組織にコレステロールを輸送する。

d HDLは、肝外組織のコレステロールを肝臓へ輪送する。

HDLは、肝臓や小腸で作られるリポたんぱく質であり、
末梢組織から余分なコレステロールを受け取り、肝臓に運搬している。
これを、「HDLによるコレステロールの逆転送」という。

(1) ab  (2) ac  (3) ad   (4) bc  (5) cd


問題・解説についてのお問い合わせ

コメント