24-86 無機質の吸収と代謝に関する記述である。


24-86 無機質の吸収と代謝に関する記述である。正しいのはどれか。

(1) カルシウムの腸管吸収率は、年齢による影響を受けない。

(2) リンの過剰摂取は、カルシウムの腸管吸収率を低下させる。

(3) カリウムを多く摂取すると、血圧が上昇する。

(4) マグネシウムは、骨に含まれない。

(5) 亜鉛が欠乏すると、味覚の感受性が上がる。

解答・解説を見る
(1) カルシウムの腸管吸収率は、年齢による影響を受ける

加齢とともに腸管からのカルシウム吸収率は低下する。

(2) リンの過剰摂取は、カルシウムの腸管吸収率を低下させる。

(3) ナトリウムを多く摂取すると、血圧が上昇する。

カリウムは、体外へのナトリウムの排出を促す栄養素であり、血圧低下に働くと言われている。

(4) マグネシウムは、骨に含まれる

骨には、主に無機質成分であるリン酸カルシウムや有機質成分であるコラーゲンが含まれる。無機質成分の中には、わずかにマグネシウムも含まれている。

(5) 亜鉛が欠乏すると、味覚の感受性が低下する

亜鉛欠乏は、味覚障害を起こす。


問題・解説についてのお問い合わせ

コメント