24-77 消化に関する記述である。


24-77 消化に関する記述である。正しいのはどれか。

(1) 胃酸分泌は、迷走神経が亢進すると抑制される。

(2) 胃酸分泌は、胃内容物が十二指腸に移行することにより抑制される。

(3) 脂肪の胃内滞留時間は、糖質よりも短い。

(4) ガストリンは、膵臓から分泌される。

(5) でんぷんの消化は、十二指腸から始まる。

解答・解説を見る
(1) 胃酸分泌は、迷走神経が亢進すると促進される。

食べ物の香りや味などの刺激は、迷走神経を刺激しアセチルコリンが分泌されると胃の壁細胞からの胃酸分泌が促進する。

(2) 胃酸分泌は、胃内容物が十二指腸に移行することにより抑制される。

胃内容物が十二指腸に移行すると、セクレチン、コレシストキニン、GIPなどが分泌され、膵液や胆汁の分泌が促されるとともに胃酸の分泌は抑制される。

(3) 脂肪の胃内滞留時間は、糖質よりも長い

(4) ガストリンは、胃のG細胞から分泌される。

(5) でんぷんの消化は、口腔内(唾液アミラーゼによる消化)から始まる。


問題・解説についてのお問い合わせ

コメント