24-45 甲状腺機能亢進症の症候である。


24-45 甲状腺機能亢進症の症候である。正しいのはどれか。

(1) 嗄声
(2) 体重増加
(3) 無気力
(4) 食欲亢進
(5) 便秘

解答・解説を見る
(1) 嗄声は、甲状腺機能低下症の症状の一つである。

(2) 体重増加は、甲状腺機能低下症の症状の一つである。

(3) 無気力は、甲状腺機能低下症の症状の一つである。

(4) 食欲亢進

甲状腺機能亢進症では、血中の甲状腺ホルモン濃度の上昇や、TSH(甲状腺刺激ホルモン)の低下がみられる。
これらのホルモン濃度の異常による代謝亢進、交感神経系の促進によって様々な症状を呈する。

特徴的なものとしては、体重減少、下痢、動悸、頻脈、発汗過多、二次性糖尿病などである。

(5) 便秘は、甲状腺機能低下症の症状の一つである。


問題・解説についてのお問い合わせ

コメント