24-34 疾患に関連する病態・症候・検査についての記述である。


スポンサーリンク

24-34 疾患に関連する病態・症候・検査についての記述である。正しいのはどれか。

(1) 頻脈は、甲状腺機能低下症でみられる。
(2) 下血は、過敏性腸症候群でみられる。
(3) クスマウル大呼吸は、胆石発作でみられる。
(4) 黄疸は、溶血性貧血でみられる。
(5) 1秒率の増加は、慢性閉塞性肺疾患でみられる。

解答・解説を見る
(1) 頻脈は、甲状腺機能亢進症でみられる。

甲状腺機能低下症では、徐脈がみられる。

(2) 下血は、過敏性腸症候群ではみられない

過敏性腸症候群では、腹部膨満感や腹痛、便秘などがみられるが、腸管自体のは見られない。

(3) クスマウル大呼吸は、代謝性アシドーシス(糖尿病性ケトアシドーシスなど)でみられる。

(4) 黄疸は、溶血性貧血でみられる。

(5) 1秒率の低下は、慢性閉塞性肺疾患でみられる。

1秒率は、努力性肺活量/1秒量(思いっきり息を吸ったときの吸気量/最初の1秒間の呼出量)で求められる。

問題・解説についてのお問い合わせ

コメント