コンテンツへスキップ

追試25-54 嗜好飲料に関する記述である。

    スポンサーリンク


    追試25-54 嗜好飲料に関する記述である。正しいのはどれか。

    (1) 清酒のアルコール濃度は、4~6%である。
    (2) モルトウイスキーは、原料として大麦麦芽を用いて製造される。
    (3) 本格焼酎は、焼酎甲類に分類される。
    (4) ブランデーは、並行複発酵酒である。
    (5) ウーロン茶は、発酵茶に分類される。

    解答・解説を見る

    (1) 清酒のアルコール濃度は、15~20%である。

    市販のものでは15%前後が多い

    (2) モルトウイスキーは、原料として大麦麦芽を用いて製造される。

    (3) 本格焼酎は、焼酎乙類に分類される。

    (4) ブランデーは、蒸留酒である。

    (5) ウーロン茶は、半発酵茶に分類される。

    ※当サイトの解説の転載、複製等は禁止いたします。
    スポンサーリンク


    コメント

    関連記事