ホーム » 投稿 » 追試25-174 事業所給食を受託した事業者が、給食経営を考える際のマーケティングの4Pである。

追試25-174 事業所給食を受託した事業者が、給食経営を考える際のマーケティングの4Pである。

スポンサーリンク


追試25-174 事業所給食を受託した事業者が、給食経営を考える際のマーケティングの4Pである。誤っているのはどれか。

(1) 献立の開発

(2) 競合会社の調査

(3) 食材料流通の効率化

(4) 広告・販売の促進

(5) 販売価格の設定

解答・解説を見る

マーケティング4Pとは、Product(商品戦略)、Price(価格戦略)、Place(流通戦略)、Promotion(プロモーション戦略)の4つである。

⑴献立の開発はProduct(商品戦略)に当たるので正しい。

⑵競合会社の調査によって、他社との差別化を図り、自社の立ち位置を明確にする。これは、マーケティングの手法のうちの、STP分析である。

STP分析は、Segmentation(セグメンテーション)、Targeting(ターゲティング)、Positioning(ポジショニング)の3つからなる分析手法である。

Segmentation(セグメンテーション)…顧客を同じようなニーズを持ったグループに分類する

Targeting(ターゲティング)…ターゲットにするグループを決める

Positioning(ポジショニング)…競合他社との差別化を図り、ターゲットとなる市場での自社のポジションを明確化する。

⑶食材料流通の効率化は、Place(流通戦略)に当たるので正しい。

⑷広告・販売の促進は、Promotion(プロモーション戦略)に当たるので正しい。

⑸販売価格の設定は、Price(価格戦略)に当たるので正しい。

スポンサーリンク


コメント

関連記事