ホーム » 投稿 » 36-76 脂溶性ビタミンに関する記述である。

36-76 脂溶性ビタミンに関する記述である。

スポンサーリンク


36-76 脂溶性ビタミンに関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

⑴ ビタミン A は、血液凝固因子の活性化に必要である。

⑵ ビタミン D は、小腸で活性型に変換される。

⑶ 活性型ビタミン D は、カルシウムの小腸での吸収を抑制する。

⑷ ビタミン E は、過酸化脂質の生成を促進する。

⑸ ビタミン K は、骨形成に必要である。

解答・解説を見る

 

⑴ ビタミン K は、血液凝固因子の活性化に必要で、欠乏すると血液凝固遅延を引き起こす。

⑵ ビタミン D は、腎臓で活性型に変換される。

⑶ 活性型ビタミン D は、カルシウムの小腸での吸収を促進する。

ビタミンDは、腸管や肝臓からのカルシウム吸収を促す。

ビタミンDの不足は、成人では骨粗しょう症、小児ではくる病のリスクを高める。

ビタミンDが豊富に含まれる食品には、牛レバーや卵黄、チーズなどがある。なお、食品から得られるのは、ビタミン D2 とビタミン D3である。

⑷ ビタミン E は、過酸化脂質の生成を抑制する。

⑸ ビタミン K は、骨形成に必要である。

 

類似問題

35-76 脂溶性ビタミンに関する記述である。

追試25-84 脂溶性ビタミンに関する記述である。

スポンサーリンク


コメント

関連記事