ホーム » 投稿 » 36-74 脂質代謝に関する記述である。

36-74 脂質代謝に関する記述である。

スポンサーリンク


36-74 脂質代謝に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

⑴ 空腹時は、ホルモン感受性リパーゼ活性が上昇する。

⑵ 空腹時は、肝臓での脂肪酸合成が亢進する。

⑶ 食後は、肝臓でのケトン体産生が亢進する。

⑷ 食後は、血中のキロミクロンが減少する。

⑸ 食後は、リポたんぱく質リパーゼ活性が低下する

解答・解説を見る

 

⑴ 空腹時は、ホルモン感受性リパーゼ活性が上昇する。

なお、食後は、インスリン分泌によりホルモン感受性リパーゼの活性が低下する。

ホルモン感受性リパーゼは、中性脂肪をグリセロールと脂肪酸に分解し、血中の遊離脂肪酸濃度上昇に関与する酵素である。ホルモン感受性リパーゼの働きは、アドレナリン、グルカゴン、成長ホルモン、グルココルチコイド(糖質コルチコイド)などによって促進され、インスリンによって抑制される。

⑵ 食後は、肝臓での脂肪酸合成が亢進する。

⑶ 空腹時は、肝臓でのケトン体産生が亢進する。

食後は、肝臓でケトン体の産生が抑制される。

⑷ 食後は、血中のキロミクロンが増加する。

⑸ 食後は、リポたんぱく質リパーゼ活性が上昇する

リポたんぱく質リパーゼは、主に食後に作用するホルモンであり、リポたんぱく質中の中性脂肪を分解し脂肪組織に中性脂肪として貯蔵する働きをもつ。

 

スポンサーリンク


コメント

関連記事