ホーム » 投稿 » 36-75 脂肪酸に関する記述である。

36-75 脂肪酸に関する記述である。

スポンサーリンク


36-75 脂肪酸に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

⑴ パルミチン酸は、必須脂肪酸である。

⑵ オレイン酸は、多価不飽和脂肪酸である。

⑶ アラキドン酸は、リノール酸から生成される。

⑷ エイコサペンタエン酸は、n─ 6 系不飽和脂肪酸である。

⑸ ドコサヘキサエン酸は、エイコサノイドの前駆体である。

解答・解説を見る

 

⑴ パルミチン酸は、必須脂肪酸ではない。

必須脂肪酸は、α-リノレン酸、リノール酸、アラキドン酸である。

⑵ オレイン酸は、n-9系の一価不飽和脂肪酸である。

⑶ アラキドン酸は、リノール酸から生成される。

⑷ エイコサペンタエン酸は、n-3系多価不飽和脂肪酸である。

⑸ エイコサペンタエン酸(EPA)やアラキドン酸は、エイコサノイドの前駆体である。

 

スポンサーリンク


コメント

関連記事