コンテンツへスキップ
ホーム » 投稿 » 36-134 消化器疾患術後及びその合併症と栄養管理の組合せである。

36-134 消化器疾患術後及びその合併症と栄養管理の組合せである。

スポンサーリンク


36-134 消化器疾患術後及びその合併症と栄養管理の組合せである。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

⑴ 食道全摘術後反回神経麻痺        嚥下調整食

⑵ 胃全摘術後後期ダンピング症候群     高炭水化物食

⑶ 膵頭十二指腸切除術後          高脂肪食

⑷ 小腸広範囲切除術後           カルシウム制限

⑸ 大腸全摘術後              水分制限

解答・解説を見る

 

⑴ 食道全摘術後反回神経麻痺        嚥下調整食

⑵ 胃全摘術後後期ダンピング症候群     少量頻回食

⑶ 膵頭十二指腸切除術後          低脂肪食

⑷ 小腸広範囲切除術後          分割食

カルシウム制限は行わず、十分に摂取する必要がある。

⑸ 大腸全摘術後             食物繊維や油脂の過剰摂取を避ける

特別な水分制限は行わない

 

スポンサーリンク


コメント

関連記事