ホーム » 投稿 » 36-122 胃食道逆流症の栄養管理に関する記述である。

36-122 胃食道逆流症の栄養管理に関する記述である。

スポンサーリンク


36-122 胃食道逆流症の栄養管理に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

⑴ 少量頻回食を勧める。

⑵ 揚げ物の摂取を勧める。

⑶ 酸味の強い柑橘類の摂取を勧める。

⑷ 食後すぐに仰臥位をとることを勧める。

⑸ 食後すぐに前屈姿勢をとることを勧める。

解答・解説を見る

 

⑴ 少量頻回食を勧める。

⑵ 胃食道逆流症では、胃液の分泌が増加するような脂肪分の多い食事(揚げ物など)を控える

⑶ 胃食道逆流症では、酸味の強い柑橘類など刺激物の接種を避ける。

⑷ 食後は立位又は座位とし、もし仰臥位をとるのであれば食後時間(2時間程度)が経ってからにするのが良い。

⑸ 食後すぐに前屈姿勢をとることを勧める。

 

スポンサーリンク


コメント

関連記事