コンテンツへスキップ
ホーム » 投稿 » 36-133 がん患者の病態と栄養管理に関する記述である。

36-133 がん患者の病態と栄養管理に関する記述である。

スポンサーリンク


36-133 がん患者の病態と栄養管理に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

⑴ 悪液質では、食欲が亢進する。

⑵ 悪液質では、除脂肪体重が増加する。

⑶ 不可逆的悪液質では、35~40 kcal/kg 標準体重/日のエネルギー投与が必要である。

⑷ がんと診断された時から、緩和ケアを開始する。

⑸ 緩和ケアでは、心理社会的問題を扱わない。

解答・解説を見る

 

⑴ 悪液質では、食欲が減退する。

⑵ 悪液質では、骨格筋量が減少する。

⑶ 不可逆的悪液質では、栄養投与に反応しないためエネルギー投与量を減らすことが多い。よって、35~40 kcal/kg 標準体重/日のエネルギー投与は過剰である。

⑷ がんと診断された時から、緩和ケアを開始する。

⑸ 緩和ケアでは、心理社会的問題を扱う

 

スポンサーリンク


コメント

関連記事