34-99 社会的認知理論に基づいて、便秘で悩んでいる中学生に野菜摂取を促す支援を行った。


34-99 社会的認知理論に基づいて、便秘で悩んでいる中学生に野菜摂取を促す支援を行った。結果期待を高めるための支援である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

(1)便秘が続くことにより生じる、身体への悪影響を説明する。

(2)野菜摂取が便秘に及ぼす好影響を、図示して説明する。

(3)食べた野菜の量と種類を、 1 週間記録することを勧める。

(4)家族に、野菜料理を増やすように頼むことを勧める。

(5)便秘が解消できた人が、身近にいないかを尋ねる。

解答・解説を見る
(1)便秘が続くことにより生じる、身体への悪影響を説明する。

→身体への悪影響を説明することで、対象者の「野菜を摂らないと…」などといった情動的経験を促す。

(2)野菜摂取が便秘に及ぼす好影響を、図示して説明する。

 →野菜と取ることによって得られる結果への期待が大きいほど、行動を起こしやすい。よって、(2)は結果期待を高める支援として正しい。

(3)食べた野菜の量と種類を、 1 週間記録することを勧める。

→認知行動療法に基づくセルフモニタリングである。

(4)家族に、野菜料理を増やすように頼むことを勧める。

→周囲の援助してくれる存在が、対象者の行動や環境に影響する。(相互決定主義)

(5)便秘が解消できた人が、身近にいないかを尋ねる。

→身近な人が便秘を解消できたということが代理的体験となり、自己効力感を高める。


問題・解説についてのお問い合わせ

コメント