34-100 栄養カウンセリングを行う上で、管理栄養士に求められる態度と倫理に関する記述である。


34-100 栄養カウンセリングを行う上で、管理栄養士に求められる態度と倫理に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

(1)クライアントの外見で、行動への準備性を判断する。

(2)クライアントの課題を解決するための答えを、最初に提示する。

(3)クライアントの情報を匿名化すれば、SNS に投稿できる。

(4)管理栄養士が、主導権を持つ。

(5)管理栄養士が、自らの心身の健康管理に努める。

解答・解説を見る
(1)クライアントの発言や行動から、行動への準備性を判断する。

(2)カウンセリングとは、管理栄養士の対象者(クライアント)の悩みに対する様々な心理的技法を用いた支援であり、ただクライアントの課題を解決するための答えを提供すればいいだけではない。

(3)クライアントの情報を匿名化しても、SNSへの投稿は不適切である。

(4)管理栄養士が、主導権を持った指導は対象者の心理面や情緒面を軽視した指導となりやすく、あくまでも管理栄養士は対象者の援助者として存在するべきと考える。

(5)管理栄養士が、自らの心身の健康管理に努める。


問題・解説についてのお問い合わせ

コメント