34-101 肥満を改善するための支援内容と行動変容技法の組合せである。


34-101 肥満を改善するための支援内容と行動変容技法の組合せである。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

(1)家の冷蔵庫に減量目標を貼るように勧める。――――― ソーシャルスキルトレーニング

(2)食べる量を決めて、盛りつけるように勧める。――――― オペラント強化

(3)くじけそうになったら、まだやれると自分を励ますように勧める。――――― 認知再構成

(4)食後にお菓子を食べたくなったら、歯を磨くように勧める。――――― ストレスマネジメント

(5)目標体重まで減量できた時の褒美を考えるように勧める。――――― 行動置換

解答・解説を見る
(1)家の冷蔵庫に減量目標を貼るように勧める。――――― 行動契約、または目標宣言

ソーシャルスキルトレーニングでは、実際に人とかかわる場面を想定して望ましい行動の練習を行う。

(2)食べる量を決めて、盛りつけるように勧める。――――― 刺激統制

ご飯を多く盛ってしまうと、どうしてもその分すべて食べてしまう場合は多い。刺激統制の技法を用いて、まず大盛りにするのを避け初めから適量盛ることで食べすぎを抑えることを目指す。

(3)くじけそうになったら、まだやれると自分を励ますように勧める。――――― 認知再構成

 ストレスマネジメントとは、行動変容に伴うストレスを軽減緩和し、前向きな気持ちを維持する方法。

(4)食後にお菓子を食べたくなったら、歯を磨くように勧める。――――― 行動置換

(5)目標体重まで減量できた時の褒美を考えるように勧める。――――― オペラント強化

オペラント強化とはほめるなどの強化子を用いて望ましい行動を増やす方法である。


問題・解説についてのお問い合わせ

コメント