34-103 認知症高齢者を支えるためのソーシャルキャピタルの醸成につながる取組である。


34-103 認知症高齢者を支えるためのソーシャルキャピタルの醸成につながる取組である。最も適切なのはどれか。 1 つ選べ。

(1)地域の保健センターが、認知症に関する情報発信を活発に行った。

(2)地域のコンビニエンスストアが、管理栄養士監修の弁当の宅配を始めた。

(3)地域の栄養教室を修了したボランティアが、高齢者の食事会を開催した。

(4)地域の病院が、在宅患者訪問栄養食事指導のためのスタッフを増やした。

解答・解説を見る

ソーシャルキャピタルとは、地域住民のQOL向上ための取り組みの一つであり「社会関係資本」ともいわれる。地域住民の主体的な行動は、地域の信頼やつながり、協力によって促されることから、そのようなネットワークを高めていくことが支援となる。

(1)地域の保健センターが、認知症に関する情報発信を活発に行った。

→これは、ソーシャルサポートのうち情報的サポートにあたる。

(2)地域のコンビニエンスストアが、管理栄養士監修の弁当の宅配を始めた。

→これは、ソーシャルサポートのうち道具的サポートにあたる。

(3)地域の栄養教室を修了したボランティアが、高齢者の食事会を開催した。

ソーシャルキャピタルの醸成につながる取り組みとして正しい。

食事会を通して、栄養教育をするだけでなく高齢者のつながりを高めることでそれぞれが健康的な食事を送るれるようになることを促す。

(4)地域の病院が、在宅患者訪問栄養食事指導のためのスタッフを増やした。

→個人へのアプローチであり、ソーシャルキャピタルには当たらない。


問題・解説についてのお問い合わせ

コメント