34-102 健康のために、飲酒量を減らしたいと考える男性社員の行動のうち、行動変容技法の刺激統制に該当するものである。


スポンサーリンク


34-102 健康のために、飲酒量を減らしたいと考える男性社員の行動のうち、行動変容技法の刺激統制に該当するものである。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

(1)飲酒量を減らすことで得られるメリットを思い出す。

(2)お酒を控えていることを職場の同僚に話す。

(3)適度な飲酒量をスマートフォンの待受画面に表示しておく。

(4)飲み会に誘われたときの断り方を考えておく。

(5)飲みたくなったら、ノンアルコール飲料にして我慢する。

解答・解説を見る
(1)飲酒量を減らすことで得られるメリットを思い出す。

反応妨害・拮抗

メリットを思い出すことで、お酒を飲みたいという欲求を我慢する。

(2)お酒を控えていることを職場の同僚に話す。

目標宣言

(3)適度な飲酒量をスマートフォンの待受画面に表示しておく。

刺激統制

(4)飲み会に誘われたときの断り方を考えておく。

社会技術訓練(ソーシャルスキルトレーニング)

(5)飲みたくなったら、ノンアルコール飲料にして我慢する。

行動置換


お問い合わせはこちら



コメント