34-90 新生児期・乳児期の生理的特徴に関する記述である。


スポンサーリンク


34-90 新生児期・乳児期の生理的特徴に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

(1)生理的体重減少は、生後数日で起こる。

(2)生理的黄疸は、生後 1 か月頃に出現する。

(3)第一乳臼歯が生えるのは、生後 5 か月頃である。

(4)糸球体濾過量は、生後 6 か月頃に成人と同程度となる。

(5)呼吸数は、生後 6 か月頃に成人と同程度となる。

解答・解説を見る
(1)生理的体重減少は、生後数日で起こり、約1週間程度で出生体重に戻る。

(2)生理的黄疸は、生後 2~3日頃に出現し、生後7日以降になると徐々に消失していく。

(3)第一乳臼歯が生えるのは、生後 1歳半頃である。

(4)糸球体濾過量は、生後 2歳頃に成人と同程度となる。

(5)呼吸数は、生後 6 か月頃では成人の2倍以上である。


お問い合わせはこちら



コメント