34-94 高齢期の生理的変化に関する記述である。


スポンサーリンク


34-94 高齢期の生理的変化に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

(1)細胞内液量に対する細胞外液量の比は、高くなる。

(2)肺活量は、増加する。

(3)免疫機能は、亢進する。

(4)筋たんぱく質代謝は、亢進する。

(5)胃酸分泌量は、増加する。

解答・解説を見る
(1)加齢によって細胞内液量が減少するため細胞内液量に対する細胞外液量の比は、高くなる

(2)肺活量は、低下する。

(3)免疫機能は、低下する。

加齢により、骨髄や胸腺が委縮・低下するため、免疫機能が低下する。

(4)食事摂取により、筋たんぱく質合成は亢進するが、筋たんぱく質異化は低下する。

 参考:日本人の食事摂取基準2020年版

(5)胃酸分泌量は、低下する。

加齢により、消化管粘膜が萎縮するため、胃酸分泌が低下する。


お問い合わせはこちら



コメント