32-85 静的栄養アセスメントの指標である。

スポンサーリンク

32-85 静的栄養アセスメントの指標である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1)血清トランスサイレチン値
(2)血清トランスフェリン値
(3)血清総コレステロール値
(4)血清レチノール結合たんぱく質値
(5)フィッシャー比

解答・解説を見る

●動的栄養アセスメントリアルタイムの変動があり、モニタリングの際に用いられる。
短期間のタンパク質栄養状態を反映するRTP(血清トランスサイレチン、血清トランスフェリン、血清レチノール結合たんぱく質)、炎症の指標であるCRPなどがある。

●静的栄養アセスメント…比較的長期間であまり変動の無い指標。スクリーニングによく用いられる。
問にあるような血清総コレステロール値以外にも、身長や体重などの身体計測値や、リンパ球数、血清総蛋白、血清アルブミンなどがある。

(1)血清トランスサイレチン値は、動的栄養アセスメントの指標である。

半減期:約3日間

(2)血清トランスフェリン値は、動的栄養アセスメントの指標である。

半減期:約一週間

(3)血清総コレステロール値は、静的栄養アセスメントの指標である。

(4)血清レチノール結合たんぱく質値は、動的栄養アセスメントの指標である。

半減期:約半日

(5)フィッシャー比(BCAA/AAA比)は、動的栄養アセスメントの指標である。

フィッシャー比とは、分岐アミノ酸と芳香族アミノ酸の血中モル比である。肝硬変患者では、フィッシャー比が低下している。

コメント